水耕栽培、室内園芸の専門店 Tree people『ツリーピープル』  インスタ  ブログ

検saleする
2021年 09月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
今日
定休日
ヤマトコレクト

梱包について

ツリーピープルはでは、リサイクルダンボールを使用しています。ギフトラッピングをご希望の際には、商品名やその個数、組み合わせなどをお知らせください。


到着予定日数の変更について

航空法により液体肥料などの液体物を含んだ発送、または大型商品は陸送のみとなっており下記の日数がかかります。
到着日数の変更がある地域は下記のとおりです。
山口県:中4日 / 広島県:中4日 / 兵庫県:中4日 
四国地域:中4日 / 九州地域:中4〜5日
沖縄県本島:中7〜8日 / 沖縄県離島:中7〜13日

県の市町村内でも到着予定日数が異なる場合があります。詳しい到着予定日数をお知りになりたい方はお問い合わせください。

Mailmagazine

再入荷&新商品情報をはじめ、会員限定の特別セールや限定クーポンなどお届けします。

メルマガ登録/解除

★ショッピング会員で、メールマガジンを【希望します】を選択された方は、メルマガ登録は不要です。また、会員の方でメルマガを解除したい場合は、会員ページログイン後、マイページ → 会員登録情報へ進み 【メールマガジン:希望します、希望しません】のオプション項目をご変更ください。

 

トップ > PH・ECメーター > PH-UP/DOWN液

よりハイクオリティーな栽培を目指す方へ

栽培者が植物の最適な生育条件を知り、生育環境をコントロールすることによって、 成長スピードや収穫量もアップする事が出来るのも水耕栽培の魅力の 一つです。PH・ECメーターは、よりハイクオリティーな栽培を目指すには必須なアイテムと言えます。


PH とは、、、

水耕栽培では、植物に与える培養液の管理が一番重要となります。その中でも pH管理は栽培の成功のカギと言えます。(PHとは酸性・アルカリ性の数値の事です)水と肥料を混ぜて培養液を作ったとき、 pH値が5.5〜6.5の間になるように管理します。極端にphが適性範囲から外れている時や 厳密なph管理を行う場合は PHアップ・ダウン液 などを使うと使うと良いでしょう。

EC とは、、、

植物を生育させるには肥料が不可欠ですが、あまりに多くの肥料を与えるとかえって肥料過多となり 植物の生育は止まり、ひどい場合は枯死してしまいます。 ECとは肥料濃度のことで、 培養液中の肥料濃度を知ることができます。 ECが高くなった時は水を入れて薄め、下がったら肥料を入れていつも適正範囲に なるように管理します。


メンテナンス

pH計やEC計のズレを正す校正に使する 標準液(校正液)、pH計の電極メンテナンスに使用する 洗浄液・保存液 など、信頼性の高い測定には欠かせません! セットでご使用いただくのがベストです。

全8件

  • PHアップ液 500ml(ソダテック)  1,680円(税込)

    pHを上げるための液体pH調整剤です。

     PHアップ液 500ml(ソダテック)は培養液のpH値を上げたい時に使用します。 培養液のpH値がプラントの代謝によって下がりすぎてしまう時などに使用します。 また地域により水道水のpHは違う所がありますので、 適正なpHに合わせて培養液を作ることをオススメいたします。 (国内製)
  • PHダウン液 500ml(ソダテック)  1,680円(税込)

    pHを下げるための液体pH調整剤です。

     PHダウン液 500ml(ソダテック)は培養液のpH値を下げたい時に使用します。 培養液のpH値がプラントの代謝によって上がりすぎてしまう時などに使用します。 また地域により水道水のpHは違う所がありますので、 適正なpHに合わせて培養液を作ることをオススメいたします。 (国内製)
  • PHアップ液1L(マキシマムグロウ)  2,310円〜

    pHを上げるための液体pH調整剤です。

    PHアップ液1L(マキシマムグロウ)は培養液のpH値を上げたい時に使用します。 培養液のpH値がプラントの代謝によって下がりすぎてしまう時などに使用します。 また地域により水道水のpHは違う所がありますので、 適正なpHに合わせて培養液を作ることをオススメいたします。
  • PHダウン液1L(マキシマムグロウ)  2,310円〜

    pHを下げるための液体pH調整剤です。

    PHダウン液1L(マキシマムグロウ)は培養液のpH値を下げたい時に使用します。 培養液のpH値がプラントの代謝によって上がりすぎてしまう時などに使用します。 また地域により水道水のpHは違う所がありますので、 適正なpHに合わせて培養液を作ることをオススメいたします。 
  • pH-Down BLOOM 500ml  1,320円(税込)

    ペーハーダウン・ブルームは 培養液のpH値を下げたいときに使用します。培養液を効果的なpH値まで下げることができます。

  • BIOBIZZ BIO-DOWN (-)  1,430円〜

    250ml 500ml
    1,430円 2,640円
    1L 5L(取寄)
    4,620円 19,800円
    Bio PHはヨーロッパの有機認証を取得した PH(ペーハー)アップ・ダウン液です。 バイオPHダウンはペーハーを下げる時に使用します。
    バイオpHダウンはレモンなどの柑橘系の果物に含まれるクエン酸をベースにしたオーガニックpH調整剤です。特に有機農業分野向けに設計されています。
    ※5Lはお取寄商品
  • BIOBIZZ BIO・UP (+)  1,430円〜

    250ml 500ml
    1,430円 2,640円
    1L 5L(取寄)
    4,620円 19,800円
    Bio PHはヨーロッパの有機認証を取得した PH(ペーハー)アップ・ダウン液です。
    バイオPHアップはペーハーを上げる時に使用します。

    バイオpHアップは天然資源から収穫されたフミン酸をベースにしたオーガニックpH調整剤です。
    ※5Lはお取寄商品
  • 【Sale!】BIOBIZZ ・PH+(プラス)500ml  1,200円(税込)

    正規ボトルに不良があり、別ボトルに詰め替えたため。使用に問題はありません。

    通常価格¥2,640円 が ¥1,200円

ページトップへ